« もこちゃん | トップページ | ドラゴニアン・アイズ 予告編 »

2005/07/04

ドルフィードリームIIの首加工

以前、DDIFの首のボールジョイント化について書いたのですが、いくつかお便りをいただいたので少し詳しく書いてみます。ちょうどシリウスボディーもあるし。

ここに書いてあることをまねすると、お金をどぶに捨てるようなことになったり、怪我をする場合があります。やるなら自己責任でやってくださいね。

また、この方法は非常にお手軽ですが、下記のような短所があります。
・そのままではヘッドの固定がゆるい。多少ぐらつくし、横になった程度でヘッドが抜けます。(着替えやすいとも言う)
・プラパイプとソフビ(ヘッド)が長期間(数年)接触していると、プラパイプが溶けると思われる。(1/6の経験上)

0507-0300
使うのはこれだけ。
左から、関節技特大、直径5mmプラパイプ、ゼリー状瞬間接着剤、瞬着硬化スプレー。

0507-0301
関節技の円内のあたりに、瞬着硬化スプレーを軽く吹きます。微量でOKです。

0507-0302
プラパイプは5cm程度に切って、片側の端部にゼリー状瞬間接着剤を入れます。(円内参照)

0507-0303
その端部に関節技を挿入します。一番奥まで入れないほうが可動がよくなります。

0507-0304
DDIFの腕をはずし、カバーをはずします。
円内のピンをはずします。

0507-0305
ピン、ばね、ヘッドに刺さる棒は不要なので、しまっておきましょう。
(これらを取っておけば、瞬間接着剤を削り取ることで元に戻すことも可能です)

0507-0306
図のように、ゼリー状瞬間接着剤をたっぷり塗ります。パテをかねるので、かなり多めに。

0507-0307
関節技をはめます。
関節技の切れ込みがある部分が前後になるようにします。切れ込みがある方向のほうが、いくらか可動範囲が広いため、よりあごを引くことが出来ます。

0507-0308
硬化したら、カバーや腕を戻します。
関節技特大の保持力は強力なので、動かす時はプラパイプの根元を持って動かさないと、プラパイプが折れるかもしれません。
プラパイプに紙を巻いたりすることで、ヘッドの固定をいくらかましに出来ます。

これだけだと寂しいので、サファイアの写真を。瞳を22mmにして、メイクも若干変えました。
ドールアイが苦手な人は続きを見ないほうがよいかと思います。

0507-0309
ウィッグのメッシュは自分で入れました。

0507-0310
20mmと22mm、どっちもどっちだなぁ。

0507-0311

0507-0312

|

« もこちゃん | トップページ | ドラゴニアン・アイズ 予告編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドルフィードリームIIの首加工:

« もこちゃん | トップページ | ドラゴニアン・アイズ 予告編 »