« 悪戯 | トップページ | その後の日本ブログ大賞2006 »

2006/01/23

騎士王の詩

昨日今日とドルパアフターでしたが、行けませんでした。
DD用のL胸が欲しかったんですが・・・まあ、限定では無いので、いつか買える時もあるでしょう・・・。

で、衣装箱を物色していると、大昔の名古屋ドルパでボークスが売っていたSD用ウェディングドレスを発見。
トパーズに着せてみるのこと。
・・・カワイイ。

などとやっているところに、悪い電波を受信しましたよ。
内容はこんな感じ。

---------------------------------------
『騎士王の詩』、それは、太陽と月の狭間(*1)にあるという「魔物の国(ガ・ガルトルニア)」(*2)と戦った(*3)王と王妃の物語。
『騎士王の詩』、それは、人々を救うと神に誓った酒場の娘(*4)と、王妃になると神と約した靴屋の娘(*5)の物語。
『騎士王の詩』、それは、北極よりもさらに北にあるという国(*6)で、騎士となった二人の少女の物語(*7)。
『騎士王の詩』、それは、第7神群(*8)から世界を護ろうとした勇者(*9)の物語。
『騎士王の詩』、それは、・・・

1.空間的な意味ではなく、概念と概念の狭間である。
2.「魔神の国」とは別である。ここで言う「魔物」は第7神群に付き従うモノを指す。「魔神」は第4神群である。
3.300人を超える騎士の武勲が語られている。中でも「ド・ガットの八つ船落し」、「ジェイ・ホーンの大喝渓」、「死せるハラン」、「王妃の迷路」、「鏡ニテ封ズ」、「レーデルランの探索行」といったところは歌劇の演目としても人気が高い。
4.「いかがわしい踊子」とする資料もある。
5.「悪魔に魂を売った」とも。否定はしない。
6.今となってはどこにあったのか定かではない。
7.下克上物として読むと「あざとい」感じがするのは私だけではあるまい。
8.ヤア神群またはヤッ神族と呼ばれる、いわゆる「外ツ神」である。物語の記述を信じるなら、かの御柱が立った場合、光の速度は不安定になり、エントロピーは自然に減少する。円周率も変化するようである。
9.人の身で神と闘うなど愚の骨頂である。まさに勇者の中の勇者と言えよう。
---------------------------------------

モデルはトパーズとアメジスト。
ドールアイが苦手な人は続きを見ないほうがよいかと思います。

0601-1400
あなたを王位に即(つ)けましょう
たとえ汚名を被ろうと:騎士の謀反よ、簒奪よ
あなたを王位に即けましょう
たとえこの身が堕ちようと:稀代の悪女よ、魔女よ
あなたを王位に即けましょう
たとえあなたが望まねど:我は臣下よ、騎士よ
あなたを王位に即けましょう

0601-1401
きっとあなたは問うでしょう
「それは我らが国のためなのか」
「はい」そんなわけがありません
    それはわたくしののため
「それは我らが民のためなのか」
「はい」そんなわけがありません
    それはわたくしののため
「それは我らが正義のためなのか」
「はい」そんなわけがありません
    それはわたくしののため

0601-1402
あなたを王位に即けましょう
たとえ正義が砕けても
あなたを王位に即けましょう
たとえあなたを騙しても
あなたを王位に即けましょう
たとえあなたが女性(にょしょう)でも
貴女を王位に即けましょう

0601-1403
その時わたくしは王妃となって
王たる貴女をささえましょう

騎士王の詩:「トパーズの歌」より

|

« 悪戯 | トップページ | その後の日本ブログ大賞2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騎士王の詩:

« 悪戯 | トップページ | その後の日本ブログ大賞2006 »